重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録を書いています

RSS (2.0) Feed

天狗原から横前倉山(敗退) 2010年1月11日

大雪の前日から一転して穏やかな晴天となりました。これなら天狗原から横前倉山へルートに行けるだろうと張り切ったのですが…。

GPS Log

電子国土の地図をポップアップ表示
(赤: シール登高、青: スキー滑走)
  • 日付: 2010年1月11日(月)
  • ルート: 北小谷・来馬集落 ~ 南俣沢の橋(往復)
  • スキー: Atomic Sugar Daddy
  • バインディング: TLT Vertical ST
  • ブーツ: Garmont Radium

天気が良いだけに栂池高原スキー場にはバックカントリースキーヤー、ボーダーが大勢やってきています。朝8時の始発直後のゴンドラで出発しました。

この時期はロープウェイがまだ開通していないので、もう一本リフトに乗ってから、林道に入ります。新雪はすね程度の深さですが、すでにしっかりとトレースがありました。

天狗原までまったくラッセルなしで楽をさせてもらいました。白馬乗鞍の斜面にはすでにスキーヤーが取り付いています。

千国揚尾根を忠実にたどるのではなく、唐松沢へ滑り込むルートにしました。11時前に唐松沢へドロップしました。同じ方向へ来る人は他に誰もいませんでした。

滑り出しからちょっと嫌な感じでした。雪が粘る感じでなかなかスキーが走らないのです。唐松沢の源頭部はほとんどチョッカリでした。沢筋に滑り込むと・・・とうとう下りラッセルになってしまいました。

当初の予定ではさらに下っていくつもりでしたが、これではとんでもなく時間がかかりそうなので、千国揚尾根に登り返すことにします。この頃からなんとなく敗戦の色が濃くなってきた気がします。

登り着いた所はフスブリ山のすぐ手前の稜線上です。とりあえずフスブリ山まで行ってみることにしました。

フスブリ山の平べったい山頂から眺めると、風吹岳や横前倉山はそう遠くはありません。しかし、今日のこの雪質からすると、そこまでの緩やかな下り斜面とほとんど平坦な雪原を通過するのに恐ろしく時間がかかりそう…。

迷ったあげく、天狗原まで引き返すことにしました。敗退です。この時点で14時頃でした。

千国揚尾根はクラシックルートであり、標識が短い間隔で設置されていました。

ハクノリの大斜面には無数のシュプールが刻まれていました。悔しい思いをしたことは言うまでもありません。

天狗原に到着したのは17時頃。もうかなり暗くなってきているので、ヘッドランプを装着し慎重に滑り降りました。

スキー場のゲレンデまで滑り込むと照明で明るくなったので助かりました。ゴンドラ乗り場に到着したのは、18時過ぎ。なんだかいろいろと疲れました。とともに、いろいろ反省点の残る山行になりました。


コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ