重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録を書いています

RSS (2.0) Feed

四ッ岳 2010年1月31日

前日は標高の高いところは吹雪だったので、十石山のすぐご近所の四ッ岳も同様にそれなりの量の新雪がありました。ただ、妙に粘る感じで良いパウダーではなかったので、満足感は低めでした。

今回が新兵器のファット・ロッカー板 “4FRNT CRJ” の初投入でしたが、残念ながら栄えある初陣とはなりませんでした。

GPS Log

電子国土の地図をポップアップ表示
(赤: シール登高、青: スキー滑走)
滑っている途中で電池切れ。
  • 日付: 2010年1月31日(日)
  • ルート: 平湯キャンプ場 ~ 四ッ岳(往復)
  • スキー: 4FRNT CRJ
  • バインディング: TLT Vertical ST
  • ブーツ: Garmont Radium

今回もいつもどおり、北面台地の通常コースです。

新雪はほとんどなく、キャンプ場を出発して順調なペースで行きます。大滝川の徒渉点には、すでにしっかりとしたスノーブリッジが出来ていました。

標高を上げても新雪はあまり深くならず楽だったので、良いペースで森林限界を超えました。

山頂手前の回廊はガチガチで、今回はいつになく波打っていて通過に苦労しました。

山頂付近はほぼ視界ゼロ。とっとと滑走を開始しますが、雪酔いしてどっちが下だか判らない始末。慎重に行きました。

そして、いつもどおり山頂北側のシュート、2000m付近からは細い沢を滑ったのですが、粘るような雪で気持ちよく滑れませんでした。

大滝川から登り返したところで、単独行の方と少し歓談。

いつもは上の尾根を行くので、今まで滑らずにいた沢を滑って最後の締めにしてみるも、ガリガリの雪でただの修行でした。

パウダー率の高い四ッ岳ですが・・・なかなか上手くいかないもんですね。


コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ