重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録を書いています

RSS (2.0) Feed

八方尾根 バキューム 2010年3月28日

昨日に引き続きまたまた八方尾根へ。八方尾根と後立山主稜線の合流点からドロップするバキュームを初滑走してみました。

天候は前日同様であいかわらずでした。視界がほどんどない、悪い状況で主稜線まで足を延ばしたのは、正直なところちょっと深追いしすぎた感はあります。

GPS Log

電子国土の地図をポップアップ表示
(赤: シール登高、青: スキー滑走)
  • 日付: 2010年3月28日(日)
  • ルート: 八方池山荘 ~ 主稜線 ~ バキューム滑走 ~ 唐松沢滑走 ~ 二股
  • スキー: 4FRNT CRJ
  • バインディング: TLT Vertical ST
  • ブーツ: Garmont Radium

今日もガスガスの状況だったので写真はありません。

9:00 八方池山荘

ガスって視界がありませんが、行けるだけ行ってみることにしました。

その後もずっとガスったまま。丸山ケルンあたりでどうしようか迷いましたが、風は弱いしそのまま八方尾根を登り上げました。

11:55 – 12:00 バキュームのドロップポイント

後立山主稜線との合流点に到着。さっそく滑走準備を始めます。さすがに春先らしく、日差しはないのに空気がヌルっとした感じです。

さて、バキュームにドロップ!いくつか滑走ルートが選べるようですが、今回は一番左側としました。このルートは初滑走です。D ルンゼよりもいくらか急斜面だと思いますが、雪が柔らかであればさほどの恐怖感はないという印象でした。しかし気温が低くない分、雪が重くてターンにかなり苦労します。

唐松沢本谷に合流した後は雪酔いとの戦い、そしてひたすら生コン雪との大格闘大会でした。

12:52 – 12:56 湯ノ入沢の渡渉点

後は昨日と同じく林道を下るだけ。

13:30 二股

やっと下山です。それにしても雪酔いには参りました。気象状況を考えるとやっぱり深追いでした。また条件の良いときに再挑戦したいところです。


コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ