重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録を書いています

RSS (2.0) Feed

八方尾根 無名沢 2010年3月27日

寒気が入ったため、稜線付近には雲がかかり雪が振り続いていました。行けるところまでということで、丸山のケルンまで上がり、無名沢にドロップしました。 ちょっと重めでしたが、なかなかのパウダーランでした。

GPS Log

電子国土の地図をポップアップ表示
(赤: シール登高、青: スキー滑走)
  • 日付: 2010年3月27日(土)
  • ルート: 八方尾根~無名沢
  • スキー: 4FRNT CRJ
  • バインディング: TLT Vertical ST
  • ブーツ: Garmont Radium

今回はガスガスだったので写真はありません。簡易レポです。

麓は晴れているのですが、山の上は雲がかかっていて嫌な予感。

リフトを乗り継いで八方池山荘に来るとガスガスですが、行けるだけ行ってみるとしましょう。

視界のない中、頑張って丸山ケルンまでは登りましたが、降り続いた雪のせいで下の樺から上は脛ラッセルくらいでした。

さすがにこの先はちょっとヤバい感じがしたので、無名沢を滑ることにしました。シールを剥がして滑り出します。

いきなりハードな状況。雪酔いして上下左右が判らず、雪にダイブしそうになってしまいます。ここは慎重に行きます。

無名沢にドロップしたあたりから視界も確保できるようになり、やっと快適になってきました。重めの雪に足を取られて転倒 1 回しましたが、後はパウダーを一気に滑って南滝の上の台地まで。ただし、パウダーとは言っても、そこはさすがに春先なので重めですが。

南滝からはデブリーランドを苦労して通過しました。

もうさすがにこの時期ともなると、湯ノ入沢の徒渉点は雪がつながっていません。スキーを外して渡り、沢の対岸の雪原でひと休み。

林道の雪は二股の手前で雪が切れていますが、なんとか右側の林の中の雪を拾って、滑れるだけは滑りました。

いよいよ滑れなくなり板を外しましたが、二股までの歩きはごくわずかでした。


コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ