重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録を書いています

RSS (2.0) Feed

八方尾根 無名沢 2010年4月17日

前日夜半から中信以北では季節はずれの大雪が降り、里や山は再び真っ白な冬景色に戻ってしまいました。4月中旬ということもあり、里に降った雪は大粒のボタン雪でしたが、山の上は果たしてどうなるか。

  • 日付: 2010年4月17日(土)
  • ルート: 八方池山荘 ~ 下ノ樺 ~ 無名沢 ~ 湯ノ入沢渡渉点 ~ 二股
  • スキー: 4FRNT CRJ
  • バインディング: TLT Vertical ST
  • ブーツ: Garmont Radium

八方入口の駐車場で夜を明かすと、地面に積もった雪は急速に融け始めていました。

バスでやって来る2人と合流してからなので、今日は遅めの出発。八方池山荘を出発したのはのは10時頃になりました。

八方尾根の上は強風

八方尾根の上は強風

八方尾根上はかなり風が強く吹いていました。

進めば進むほどに風は強くなり、トイレ小屋を過ぎてからは突風といってもいいほど。

本当は丸山ケルンくらいまでハイクアップしたかったのですが、さすがにこの状況では早く安全地帯に避難することしか考えたくありません。

下の樺までで終了し、無名沢にドロップすることにしました。

稜線付近は風に叩かれて硬いですが、少し下ると、気持ちの良いパウダーです。

ただそれも長くは続かず次第に雪は重くなり、無名沢の後半は生コン雪との格闘でした。テールを突き刺して、ほぼチョッカリでないとまともに滑れない 状態です。あう~足が疲れる。

無名沢

無名沢の途中から右へトラバース

大滝を巻くときの登り返しを避けるため、唐松沢との合流点のかなり手前で右側の尾根上へトラバースしました。尾根から大滝のすぐ横の高台へ滑り込んだのですが・・・結構急な斜面なので、ただスキーで滑るだけでも盛大にスラフが発生してしまいました。昨晩降った雪は根こそぎデブリとなって唐松沢の谷底まで滑り落ちていきます。

大滝の高巻き地点を上から見下ろす

大滝の高巻き地点を上から見下ろす

スラフだらけにしてしまった

スラフだらけにしてしまった・・・

スラフが流れ落ちると下のザラメ層が露出し、むしろそちらの方が快適に滑れました。

高台から大滝の右側を高巻く

高台から大滝の右側を高巻く

高台から後は、延々うんざりするほどのデブリとの戦いでした。

湯ノ入沢を渡渉

湯ノ入沢を渡渉

二股の手前の1kmほどは、すでに雪がなくなっていました。

宿に到着して片付けをしていると、悲しい事実が発覚。長年愛用したGarmin Geko 201を昨日の下山後に紛失してしまったようです(泣)。というわけで今回はGPSログがありません。

明日は早朝に扇沢に移動して針ノ木雪渓を登る予定。


コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ