重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録を書いています

RSS (2.0) Feed

白馬鑓ヶ岳 大出原 2010年5月15日~16日

久しぶりに鑓温泉に浸かってみたくなりました。

今回は贅沢をしました。初日は大雪渓を登って白馬山荘に泊まるだけです。そのぶん2日目に余裕ができたので、清水谷を滑るというオマケもつけることができました。

残念ながら旭岳から清水谷への大斜面はカリカリでした。大出原では直前の降雪が腐って板がなかなか走りませんでしたが、部分的には良いザラメもあって楽しめました。

GPS Log

電子国土の地図をポップアップ表示
(赤: シール登高、青: スキー滑走)
  • 日付: 2010年5月15日(土)~16日(日)
  • ルート: 猿倉~大雪渓~白馬山荘~旭岳~清水谷二股~白馬鑓~鑓温泉~小日向のコル~猿倉
  • スキー: Atomic Sugar Daddy
  • バインディング: TLT Vertical ST
  • ブーツ: Garmont Radium

5月15日 10:24 猿倉

猿倉に到着したの 10 時前。天気が良くじっとしているだけ汗をかく暑さでした。今日は遅い出発なので、大雪渓を登り白馬山荘に泊まるだけです。

2号雪渓からスキーヤーが滑ってきた

2号雪渓からスキーヤーが滑ってきた

杓子からもスキーヤーが

杓子からもスキーヤーが

今日の大雪渓は真っ白

今日の大雪渓は真っ白で綺麗

岩室下の急登

岩室下の急登

もうすぐ白馬山荘

もうすぐ白馬山荘

杓子と白馬鑓

杓子と白馬鑓

5月15日 15:53 白馬山荘

最初は気力と体力が余っていれば旭岳の東面でも滑ろうかと思っていましたが、時間も遅いので、山荘に到着後はのんびり漫画を読んで過ごしていまし た。

山荘に到着

山荘に到着 お疲れさま

赤く染まり始めた剱岳

赤く染まり始めた剱岳

充てられた部屋はラッキーなことに2階の西側だったので、剱の眺めが最高でした。

5月16日 7:38 白馬山荘

旭岳

朝の旭岳 日本海も見えた

まず山荘から旭岳に向けて出発。

朝は薄曇りでした。時折流れてくる厚い雲に太陽が隠れて雪が緩むのが遅く、旭岳への登りはクトーをしっかり噛ませて慎重に行きました。

5月16日 8:21 – 8:50 旭岳

旭岳の山頂に到着すると、昨日ほぼ同時に山荘に到着した 2 人連れがいて、しばらく歓談。驚いたことに、表面のクラストの下には先日降った雪がパウダーのまま残っていました。

杓子と白馬鑓の西面

杓子と白馬鑓の西面

剱

旭岳の山頂から眺める剱岳

我々がシールを剥がして準備していると、お2人は先に山頂の南側の斜面から清水谷へと滑り込んで行きました。

少し遅れて、我々も南側の斜面にドロップ。カリカリなので慎重に慎重に・・・。すぐに右へトラバースして西側の鞍部へ向かいました。鞍部からの大斜面を滑るのが目的です。

相変わらず雪はなかなか緩まないので、鞍部でしばらく待機。

しびれを切らして大斜面にドロップしましたが、結局下部が少し緩んでいるくらいで、大部分がカリカリでした。

5月16日 9:28 – 9:41 清水谷二股

シールを貼って登り返し

二股でシールを貼って登り返し

二股に滑り込んでシールを貼り、白馬鑓への登りを開始。登っている間もなかなか雲が消えず、気温が低いままでした。

5月16日 11:32 – 12:08 白馬鑓ヶ岳

鑓に登り着いた頃になるとすっきり晴れ上がってきました。

中央ルンゼを見下ろす

中央ルンゼを見下ろす

山頂から中央ルンゼを見下ろすとそのまま落下したい衝動に駆られますが、今回は我慢我慢。

のんびり長めの休憩をとって雪景色を楽しみます。

旭岳~清水谷を振り返る

旭岳~清水谷を振り返る

白馬岳と杓子岳

白馬岳と杓子岳 鑓からのお約束アングル

山頂から大出原の方向へ直接ドロップできるか偵察すると・・・

山頂から直接ドロップ

山頂から直接ドロップ!

山頂直下は雪が切れかけているものの、中央ルンゼ最上部をトラバースすればOKと判明。

というわけで、ドロップです。ストップ雪が少々つらいですが、一気に下ります。なるべく雪の良さそうなところを拾っていくと、所々でよく板が走るザラメにも大当たり。ようやく今シーズン初めて快適ザラメを滑ることができました。

右側の沢筋からトラバースして台地に上がると、鑓温泉は大賑わい。大勢のギャラリーを前にして、鑓温泉に豪快に滑り込む…はずでしたが、ストップ雪のせいで格好良く決まらなかったのはちょっと残念。

5月16日 12:34 – 13:25 鑓温泉

鑓温泉で大休止して入浴です。以前よりも今回はちょっと湯が熱く感じました。

大賑わいの鑓温泉

大賑わいの鑓温泉

それにしても、ものすごい人数ですね。

振り返って鑓温泉を見上げる

振り返って鑓温泉を見上げる

鑓温泉の下の斜面もまずまず楽しめました。

小日向のコルまでシールで登り返し

小日向のコルまでシールで登り返し

5月16日14:24 – 14:35 小日向のコル

もうひと頑張り登って小日向のコルから振り返ると、雲がかかった白馬鑓の豪快な景色が楽しめました。

コルから白馬鑓を見上げる

コルから白馬鑓を見上げる

5月16日15:00 猿倉

ほぼ夏道どおりのルートで、猿倉までスキーのまま滑ることができました。


コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ