重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録を書いています

RSS (2.0) Feed

立山初滑り 2010年11月20~22日(3日目)

立山初滑りもいよいよ最終日。前日まで快晴だった天気も、いよいよ崩れてきました。

GPS Log

地理院地図をポップアップ表示
(赤: シール歩行、青: スキー滑走)

記録

日付2010年11月22日(月)
天気
ルート雷鳥荘~室堂周辺~室堂  

雑記

朝起きてみると、空はどんよりして稜線も見えません。

こんな天気だと欲張って遠出する気にもならなし、なによりこれ以上天候悪化して下山のバスが運休になるとピンチ。室堂周辺でちょっと遊んで、早めに切り上げることにしました。

まずはターミナルへ

まずはターミナルへ

とりあえず室堂のターミナルへ向かいます。

どこを滑ろうかなと考えて、バス発着場のすぐ正面にある斜面の右側尾根を登ることに。ひと登り程度の標高差ですが、まずまずの斜度です。

登りついた頃にはガスがいよいよ濃くなってきました。

シールを外し、まずは 1 本。

ここからまず 1 本目ドロップ

ここからまず 1 本目ドロップ

あまり荒らされていない斜面でしたが、雪がジトッと重くて今ひとつでした。

これで切り上げるのも物足りないので、初日に一番楽しかった斜面を目指して、一の越方面へハイクアップ。とうとう雪も降り始めました。

お目当ての斜面を登り詰めた頃には、大雪になっていました。大きな岩の下でシールを外して滑走準備していたら・・・つい目を離した隙に、板を一本落としてしまいました。

幸いどんどん降る雪のおかげで重パウが積り、板は50m ほど下の斜面に突き刺さっています。なんだかバカみたいだなと思いつつ、ツボ足でもう一本の板を持ちながら下り、板を回収できました。

気温が高いせいで雪はベチャベチャ。板を履こうとしたら、TLT のトウピースがブーツにはまらず苦労すること苦労すること。

そんなこんなで滑った 2 本目は・・・雪酔いで平衡感覚がわからず恐る恐るという感じで、非常に不完全燃焼。標高差も少ないのであっという間で終了。

どんどん天候は悪くなる一方なので、とっととターミナルに帰ることにしました。

ターミナルに帰還

ターミナルに帰還

下山は 11:50 のバスで。

立山駅の駐車場

立山駅の駐車場

下界に戻ると、しとしと雨が降っていました。車がまだけっこう停まっているので、明日まで楽しむ人も多いのでしょう。

今回の初滑り、まずまずと言ったところでしょうが、ついつい激パウで最高だった 2007 年の同時期と較べてしまいます。次回はもっと良いコンディションであることを期待。


コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ