重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録を書いています

RSS (2.0) Feed

妙高外輪山 2011年12月31日

昨日に引き続き、今日も妙高で。

杉ノ原スキー場から出発となれば、三田原山へ向かうのが普通ですが、我々は大勢のトレースから外れて静かなプチバックカントリーを楽しみました。

GPS Log

地理院地図をポップアップ表示
(赤: シール歩行、青: スキー滑走)

記録

日付2011年12月31日(土)
天気晴れ
ルート
  • 妙高杉ノ原スキー場・トップ 1850m 10:09
  • 外輪山 2170m 11:28/12:42
  • 妙高杉ノ原スキー場・トップ 1850m 13:14

雑記

今朝は山の上まで綺麗に晴れ上がりました。昨晩のうちに少し積雪があったので、良いコンディションのはず。今日は3人揃って裏山へ出掛けることにします。

ゴンドラから高速リフトに乗り継いで、妙高杉ノ原スキー場のトップに到着。もうすでに三田原山方面への今日のトレースがついていました。しかし我々は三田原山への尾根ではなく、沢を挟んで東側にある尾根を登るのです。

ラッセル

ラッセル

出発直後はトレースどおりですが、すぐに右に折れて尾根の末端に取り付きました。これからは全て我々のラッセルになります。

オープンバーンの端を登る

オープンバーンの端を登る

まずまずのペースで無木立のオープンバーンへ。下りの滑走の邪魔にならないように斜面の端を登り上げて…

外輪山に到着

外輪山に到着

外輪山の上に登り着きました。

三田原山と妙高山

三田原山と妙高山

格好いい妙高山が今日は綺麗に見えます。

黒姫山

黒姫山

黒姫山も見えますね。

さあ、お楽しみの滑走。やっぱり直下のオープンバーンがハイライトです。

Oさん

tuttyさん

おいら

あ~気持ち良かった。

途中で東側にある幅広い沢筋へ滑り込むことにします。

沢へ滑り込む

沢へ滑り込む

沢へのエントリーの斜面は斜度も急だし、パウダーが吹き溜まっていて、今日一番楽しめました。ま、一瞬ですけどね。

沢筋

沢筋

沢筋を少し下ると雪がめちゃくちゃ重くなってきて、板が回らない~。日当たりがいいせいで急速に雪が腐り始めたようです。

沢をそのまま下ってもスキー場に戻れるのですが、下部は斜度が緩くて板が走りそうにないので、往路の尾根に戻るようにしました。登りトレースを使えば、少なくとも下りラッセルになることはないので。

三田原山へのトレースと合流

三田原山へのトレースと合流

あっという間にスキー場に戻って来ました。今日は短いルートでしたが、なかなか楽しめました。


これまでのコメント

  1. maoyuki より:

    みなつりさん こんにちは
    お久しぶりです

    ようやくシーズンインってところですね。
    今シーズンもやりましょう。
    声掛けてください。よろしく。

    • ryo より:

      お久しぶりです。

      maoyukiさん、早い時期から精力的に滑られていますねえ。

      私は年末からようやくシーズンインってところで、体力づくりの途上ってところです。なんせ、夏の北海道以来、全然身体を動かしていなかったので…。

      今シーズンもまた宜しくお願いしますね。

コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ