重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録を書いています

RSS (2.0) Feed

焼岳(2100mまで) 2012年2月18日

除雪活動とピット掘りをするために、焼岳に行ってきました。

GPS Log

地理院地図をポップアップ表示
(赤: シール歩行、青: スキー滑走)

記録

日付2012年2月18日(土)
天気
ルート
  • 釜トンネル出口 1460m 6:00
  • 尾根取り付き 1500m 6:44
  • ハイクアップ終了 2135m 9:20/10:01
  • 尾根取り付き 1500m 10:35
  • 釜トンネル出口 1460m 11:11

雑記

いやまあ、ほんとは下堀沢を滑るのが目的だったんですけどね。

何年か前に下堀沢を滑ったときはモナカ地獄だったので、リベンジしたかったんです。そんなところに、たかやさんからのお誘いが。

今日は maoyuki さんたかやさんと共に。

予報どおり、とにかく気温が低い朝でした。釜トンネル入口では -10℃の気温表示。釜トンネルの中は風がビュービュー通り抜けて、いや~寒かった寒かった。

まだ暗くて梓川はスノーブリッジで渡れるかよく判らないので、無難に上流側の橋を渡りました。

下堀沢と中堀沢の間の尾根に取り付いて登ることにします。

中堀沢と下堀沢の間の尾根を登る

中堀沢と下堀沢の間の尾根を登る

この尾根を登るのは今回初めてですが、たぶん効率よく登れるはず。ラッセルはせいぜい深くても10cm程度で、ま~先週のことを考えれば楽なものです。

樹林帯を出るとガスガスでかなり視界が悪くなってきました。

標高2100mあたりで下堀沢に入り込もうとトラバースしている途中で、先頭の maoyuki さんがスキーカットによるクラック発生を指摘。取り急ぎピットを掘ることに。

角柱を掘り出して今まさに叩き始めようとした時に、表面から45cm下までが風に吹かれて一瞬で崩壊…。CTV Sudden Collapse。

弱層テストを単なる儀式にしちゃいけませんね。かなり憂慮すべき結果が出たのです。先に進みたい気持ちを押し殺して、今日は潔く撤退です。

下堀沢は下部が急斜面なので、安全のため登路の尾根をそのまま下ることにしました。滑り的にはつまらないけれど、これはしょうがないね。

あまりにも寒くて写真もロクに撮りませんでしたが、新兵器 GoPro を今週末から投入したので、動画を貼っておきます。追っかけ撮りが、なかなか楽しいと思いました。

ご使用の User Agent は埋め込み Flash 動画再生に対応していません。(Youtube ID: J2Aig8k5Iqk)

というわけで、昼前には下山してしまいました。

残念ながら今回は下堀沢リベンジならず。また次回を楽しみにしましょう。


コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ