重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録を書いています

RSS (2.0) Feed

千畳敷カール 2012年4月15日

もともとは富士山に行くつもりでしたが、土曜日の天候やらなんやらを考慮して千畳敷に変更。

今日は晴れて気温が急上昇しました。昨日積もった新雪は急速に腐りましたが、たいした積雪量じゃなかったせいか、そう酷い目に遭うこともなくむしろ結構楽しめました。

これから本格的なザラメシーズン。今年は残雪期を長く楽しめると良いなあ。

GPS Log

地理院地図をポップアップ表示
(橙: 歩行、赤: シール歩行、青: スキー滑走)

記録

日付2012年4月15日
天気晴れのち高曇り
ルート
  • 千畳敷ホテル 2640m 8:58
  • 乗越浄土 2860m 9:39/10:06
  • 木曽駒ヶ岳 2956m 10:51/11:31
  • 黒川源頭 2610m 11:40/11:58
  • 2911mピーク 13:25/13:47
  • 千畳敷ホテル 2640m 14:06/14:54
  • ハイクアップ中止 2790m 15:25/15:42
  • 千畳敷ホテル 2640m 15:47

雑記

菅の台駐車場を7:12の始発バスで出発。

千畳敷のTバーがまだ稼働していないせいか、良い天気なのにスキーやボード持参の人は少なめです。

極楽平側の斜面

極楽平側の斜面

千畳敷カールに到着。昨日の雪で真っ白にお化粧して綺麗ですなあ。

宝剣岳、乗越浄土側

宝剣岳、乗越浄土側

まずは乗越浄土に登ることにします。もうすでに大勢が列をなして登っていますね。

もう少しで乗越浄土

もう少しで乗越浄土

新雪の分だけちょっと潜りますが、先行トレースがバッチリあるので、ツボ足で楽に登れます。

中岳から振り返って見た宝剣岳、三ノ沢岳

中岳から振り返って見た宝剣岳、三ノ沢岳

だんだん高曇りっぽくなってきました。

木曽駒山頂から御嶽を遠望

木曽駒山頂から御嶽を遠望

んで、キソコマの山頂に到着。今日は四方八方の景色が楽しめますね。御嶽がカッコイイ。

木曽駒山頂から北面を覗きこむ

木曽駒山頂から北面を覗きこむ

山頂から北面に落ちるシュート…これ以前から気になっているんですよ。そのうち機会があったら滑ってみよう。

黒川の源頭部。遠く南アルプスが見える。

黒川の源頭部。遠く南アルプスが見える。

さて、山頂でのんびりした後、まず1本目は黒川源頭に滑り込みます。

まだザラメにはなっていませんが、新雪が腐った湿雪ながらも良い感じに板が走って楽しめました。

1本目

1本目

標高差300mちょっと滑り、湿気が増してストップ雪になったところで終了。宝剣山荘の方へ登り返すことにします。

1本目の後の登り返し

1本目の後の登り返し

2本目は伊那前岳西側の一枚バーンにするつもりなので、乗越浄土のやや東側へ登り上げて稜線に到着。

宝剣岳中央稜、登攀中の人達が見える

宝剣岳中央稜、登攀中の人達が見える

宝剣岳の方を見ると、山頂に立っている人がずっと不動のまま。どうしたんだろう…と不思議でしたが、中央稜を登攀していたんですね。山頂から落ちる黒い筋がロープだったことに、写真を拡大して初めて気付きました。このクライマーさん達には後ほど駅でお会いしました。

一枚バーンを見下ろす

一枚バーンを見下ろす

2911mピークに到着。カールの底まで一枚バーンを滑ることにします。湿雪なのでフッ素ワックスを塗り塗りして備えます。

シャバ雪スプレー…?

シャバ雪スプレー…?

千畳敷カールへと滑りこむ

千畳敷カールへと滑りこむ

シャバ雪でしたが、良い感じに滑れて快感!でもtuttyさんはイマイチ楽しみ切れなかった様子。

右手が2本目を滑った一枚バーン

右手が2本目を滑った一枚バーン

1stは取れなかったけれど、綺麗な斜面にシュプールを刻めました。

次はこっちの斜面を登ろうか…

次はこっちの斜面を登ろうか…

腹が減ったので千畳敷ホテルのレストランで遅い昼食をとりました。こんなことしていると、なんだかまるでスキー場に滑りに来たみたいな気分になります。

食後も時間があるので、1本滑るつもりで極楽平まで登り始めました。が、日が陰るにつれて斜面がどんどん硬くなり始めたので、安全のためハイクアップを中断することに。3本目はモナカ雪の滑りでツラいだけでした。一方、tuttyさんは3本目が一番楽しかったそうな。楽しさの個人差ってのもあるもんですねえ。

標高の高い所になるべく長時間滞在することが今回の一番の目的だったので、下山は5時の最終ロープウェイにするつもり。となるとまだ時間に余裕があるので、ロープワークの練習で時間を潰しました。

てな感じで一日過ごし、高度順応になったんだかどうなのかよく判りませんが、GWの本チャンの備えになっていれば良いなあ…。


コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ