重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録を書いています

RSS (2.0) Feed

栂池定着 2日目 2012年12月28日

予報からすると2日目は曇りベースかと思っていましたが、南岸低気圧の到来が早く、昼過ぎにはドカ雪が降り始めました。

GPS Log

地理院地図をポップアップ表示
(赤: シール歩行、青: スキー滑走)

記録

日付2012年12月28日
天気曇のち雪
ルート
  • 栂の森ゲレンデ・林道入口 1665m 8:53
  • 自然園駅 1825m 8:48
  • 親沢源頭 2140m 10:24/10:49
  • 登り返し 1814m 11:02/11:22
  • 白馬乗鞍岳 2385m 14:47/15:05
  • 自然園駅 1825m 14:39

雑記

早朝から空一面には雲が広がっていました。

日の出の空

日の出の空

雲が真っ赤に染まって綺麗でした。

どんより曇り空の天狗原

どんより曇り空の天狗原

夜のうちに新雪があったわけじゃなし、昨日の今日の状況ではどこに行ってもイマイチだと思われたので、今回のプランの趣旨からは外れますが、北面ならいくらかマシだろうということで、この日は裏ヒヨ方面をターゲットにしました。ということで、まずは天狗原へ。

で、親沢の源頭から滑り込んだわけですが…、ま~とにかくパックされていて硬いこと硬いこと。裏に行ってもこんな状況じゃあ、もうどこに行ってもたいして期待できねえなあ。

ウラから登り返してきた

ウラから登り返してきた

んで、裏から天狗原へ登り返し。真東の斜面は柔らかめでちょっとマシな感じだったので迷いましたが、結局は天狗原を横切ってそのままハクノリへと登ることにしました。ハクノリ東面の南端にあるシュートが面白そうだったので、そこを目指すことにします。

ドロップポイントに着いた頃にはすっかり雪が本降りに。しかも視界もどんどん悪くなるばかりで、雪酔いしてしまいそう。

ということで、結局たいした滑りもできないまま2日目は終了。

テントに帰ってきた頃には雪はかなり大降りになりましたが、風雪を避けられる屋根下の良い場所に幕営したので快適そのものでした。

午後から夜にかけてまとまった量の軽雪が積もったので、3日目に期待しつつシュラフの中へ…。


コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ