重力に戯れる愉しみ

主にバックカントリースキーの備忘録ですが、最近さっぱり滑ってません

RSS (2.0) Feed

乾徳山 2019年7月21日

雨の降らない日がほとんどないくらいに、今年の梅雨は連日じめじめしていますね。

ここのところ壁を攀じ登るばかりで足が鈍っているので、足慣らしのためにまあまあ標高差の大きいルートを歩こうと思い、雨の止み間を狙って乾徳山に行ってきました。

記録

日付2019年7月21日(日)
天気曇り
ルート
  • 徳和駐車場 5:35
  • 登山口 6:05
  • 国師ヶ原 四辻 7:20
  • 乾徳山 8:45/9:00
  • 高原ヒュッテ 10:05/10:15
  • 道満山 10:50
  • 徳和駐車場 11:30

雑記

前回、雲取山の記事を書いて以来、更新をほったらかしにして早1年半。ちったぁ記事を頑張って書いてみようかなんて言っていた舌も、すっかり乾ききってしまいましたが。

その間、自分を取り巻く環境も変わり、自分を取り巻く山々も変わりました。通い慣れた山が遠くなる淋しさ、知らない山が近くなる期待感。

さて、今回の場合は昔通った山域がまた近くなったという懐かしさ。でも乾徳山に登るのは今回初めてだったりします。

もう7月も後半、なるべく涼しいうちに登っておきたいので、5時半過ぎには徳和駐車場を出発。

しばらく林道を歩き、登山道へ。登る途中にある2ヶ所の水場、銀晶水、錦晶水は、いずれも水は潤沢でした。

登り勾配が緩くなり、平坦になると国師ヶ原。

国師ヶ原の草地

国師ヶ原の草地を行く

この一帯はいかにも高原って雰囲気で良い感じ。

月見岩周辺の草原

月見岩(写真中央)と周辺の草原

月見岩の一帯は樹林帯から抜けて解放感のある草原。この頃ちょうど綺麗に雲が消えて、富士山がはっきり見えるようになりました。

今回のもうひとつ目的は、マルチピッチのルートがあるという、旗立岩へのアプローチの偵察。

取り付きへ懸垂下降するポイントは、リングボルト数個に細引きが残置されていて、割とすぐに判りました。

旗立岩

旗立岩

なるほど、このリッジ沿いに登るのだね。3ピッチ程で登れるみたいです。

鳳岩

鳳岩

さて、山頂直下の名物、鳳岩。クラックにちょっとフットジャムを噛ませたりして愉しみつつ、スラブ状を快適に登ると山頂に到着。

乾徳山の山頂から眺めた富士山

乾徳山の山頂から眺めた富士山

富士山だけでなく、遠く金峰山の五丈岩も見えて良い眺め。

山頂は狭く、後続の方々が登ってくるとあまり居場所がないので、早々に下山することに。

下山には西側斜面に下る迂回路を通ってみましたが、ガレて歩き難いし景色が悪くて退屈だし、イマイチでした。下山も稜線ルートの方が良かったな。

高原ヒュッテで休憩後、道満尾根経由で下山。この道満尾根もダラダラ下る距離が長い分、最後は急な下りなので、結構足に堪えました。四辻からの下山も、やっぱり往路と同じルートの方が良いような気がします。

で、正午前に徳和駐車場に帰還。戻ったらほぼ駐車場は満車になっていました。

帰り道、JAで桃を買ってみたら、甘くて美味でした。


コメントをどうぞ

承認後に表示されます。しばらくお待ちください。

▲ このページの先頭へ